03-5843-7994

AKuA Dental Clinic・24時間WEB予約AKuA Dental Clinic・初診カウンセリング無料
診療時間
10:00~19:00

:土曜日のみ10:00~17:30
休診日:木曜・日曜・祝日

AKuA's ブログblog

AKuA's ブログ

銀歯って本当にいいの? ③

こんにちは✨

院長の長谷川です。

 

1月も、もう半分が過ぎました。

早いですね〜。

 

最近は本当に寒くなりました。

今日も東京は雪が降るとか、降らないとか。。。

 

私は趣味でサーフィンをしてます。厚めのウェットを着て海に入りますが、気合いで入ってます笑。

 

さて今回は、セラミック(ジルコニア)についてのお話をします。

当院のセラミックの材質はジルコニアを主に使っております。

 

セラミック治療は、白いだけではありません。あなたの身体にとって優しい治療でもあります。

 

セラミックは、変形や腐食、擦り減りを生じにくい材質となっています。

歯石や歯垢がつきにくく、二次的なむし歯(二次カリエス)になりにくい性質を持っています。

 

見た目も自然で透明感があり、まるで自分の歯のように綺麗です。また歯肉への生体親和性も優れており、歯だけでなく、粘膜にも優しい材料です。

 

 

*セラミックのメリット

1審美性:

セラミックの最大のメリットは、透明感や質感などが自然な歯の色に近いことです。

保険の歯に比べて、歯の形も細部まで表現できます。

 

2虫歯になりにくい:

銀歯の詰め物や冠せ物は、劣化によって変形が生じ、その隙間から虫歯ができ始めることがあります。

また保険の接着剤と違って、隙間なく細部に渡って接着できます。

セラミックの場合は、歯との親和性が高く、変形や劣化を生じにくいので、一度治したところからまた虫歯になることが少ないのです。

 

3歯ぐきが変色しない:

保険の治療で使用されている金属は、唾液や口腔内の温度によって金属イオンが溶出し、歯ぐきを黒く変色させる場合があります。

 

4精度が高い:

色調・形態・透明感・適合感、どれをとっても保険のものよりはるかに精度が高いです。

 

5寿命が長い:

保険で使用されている銀歯は、平均して3~5年ほどで変形が始まると言われています。

セラミックは変形や劣化がなく、寿命が長い材料と言えます。

ただし、歯に急な力がかかったりした時には、外れてしまう可能性があります。外れてもセラミックに異常がなければまた再装着できます。

 

 

セラミック治療のデメリット

1保険治療に比べて費用が高い:

しかしその分、劣化が少なく、安定した材料であるため、歯を長持ちさせることができます。

審美性が高いことや、二次カリエスになりにくいこと、歯垢や歯石がつきにくいことなど、費用が高い分だけのメリットはあると思います。

 

2割れる(破折する)ことがある:

セラミックは、変形が少ない分、大きな力が負担となって割れてしまうことがあります。

しかし、セラミックは割れるから良いのです。銀歯に大きな力がかかると変形を起こし、そこから虫歯になったり、歯が割れてしまうこともあります。

セラミックでは、負担がかかると割れてくれるので、保険の歯より少し深く削ることになります。

 

 

当院では虫歯の治療も機能性を考慮し、また審美的に仕上げております。

ぜひ、お気軽にご相談ください。


ページトップへ