03-5843-7994

AKuA Dental Clinic・24時間WEB予約AKuA Dental Clinic・初診カウンセリング無料
診療時間
10:00~19:00

:土曜日のみ10:00~17:30
休診日:木曜・日曜・祝日

AKuA's ブログblog

AKuA's ブログ

歯を残す希望、歯周再生治療とは

皆さん、こんにちは。

新橋駅から5分の、AKuA Dental Clinicです。
 
当院では歯周病が進行し、歯を支える骨や歯周組織が失われた方のために、「再生治療」も行っています。
他院で抜歯をすすめられた歯も、再生治療によって残せる可能性があります。
また、やむを得ず抜歯をした方も、インプラント治療で噛み心地や審美性を取り戻す方法もあります。
 

歯周再生治療とは

歯周病は歯を支える歯槽骨を吸収してしまうため、病気が進行するとともに少なくなっていきます。
歯槽骨が減ってしまった場合、歯周病が完治しても元に戻ることはなく、歯槽骨の形に添うように歯ぐきが表面を覆っているため、歯の表面が露出し、歯が長くなったように見える、歯に隙間が空いてしまう、歯がしみるといった症状がでてくることがあります。
 
今までの歯周病治療では、歯が抜けないように病気の進行を止めるだけで、元の状態に戻すことはほとんど不可能でした。
ところが最近では、歯周病により破壊された歯の支持組織を再生させ、歯をできるだけ元の健全な状態に戻す治療法が出てきました
 

GTR法

歯周病で破壊・吸収された歯周組織は、その原因を除去することで再生しようとしますが、歯周病菌に感染した部分を清掃後にそのまま治癒を待っていても、必要な支持組織が再生する前に歯ぐきがそこに入り込んでしまい、歯周組織の再生を阻んでしまいます。
 
GTR法では、歯周ポケット内部を清掃した後に「メンブレン」と呼ばれる膜を設置し、外から歯ぐきが入り込まないようすることで、メンブレンの下で歯周組織が再生を開始し、ゆっくりと成長していきます。
 
この成長には時間を要しますので、メンブレンの下が新しい組織で満たされるまで一定期間保持しておく必要があります。
 

エムドゲイン

GTR法は、歯ぐきが入り込むのをメンブレンで阻止しますが、 エムドゲイン法では「エムドゲイン・ゲル」という薬剤を注入し、歯周組織の再生を促すとともに、歯ぐきが入り込むことを防止します。
このエムドゲイン・ゲルは時間の経過とともに歯周組織の再生を促しながら吸収していくので、 GTR法のように後からもう一度手術を行う必要はありません。
 

まとめ

当院は厚生労働省申請、第三種再生医療等提供機関で、法律に基づいた治療の提供を行っています。
 
もし他院で治療が困難と言われた方も、ぜひ一度歯周病治療とインプラント治療のどちらにも精通している当院までご相談ください。


ページトップへ